◆ドラッグは自己犯罪か◆

「俺がネタ喰って誰に迷惑かかるすか?」
 

 ―関西の暴力団員T

ドラッグをやる人の多くは「自分で勝手にやっていることだから放っておいてくれ」と主張します。しかし、ドラッグは高価なものでよほど財力がなければ購入をつづけることは難しく、親からの土地や資産を受け継いだ人、企業の経営者や超売れっ子芸能人などでないとまともにドラッグの費用は賄えません。結果、犯罪で費用を稼がなければならなくなり、強盗や窃盗などに走る中毒者が増え、社会の治安が悪くなります。

「自分で好きにやってるんだから放っておいてくれ」と主張していたTですが、結局クスリのカネ欲しさに車上荒らしや高級自動車の窃盗を繰り返し、警察に逮捕されました。最後、警察に逮捕されまいと車で逃げたときは時速120キロで市街地を信号無視して走り回り、何台もの車に当て逃げをして、最後はお年寄りの運転する車にモロに衝突し、大けがをさせました。まったくもって「自分の勝手」では済んでいなく、無関係の人たちに多大な迷惑をかけていました。

今、全国の警察は刑事部の強行・盗犯担当、組織犯罪対策部の暴力団担当と、生活安全部の薬物取り締まり担当、が連携して捜査をしています。自動車盗、空き巣、強盗などのかなりの部分が薬物常習者で暴力団と接点が強いからです。

また、錯乱した常習者による事件も頻繁に起きています。テレビや新聞では人を殺したり、刃物で切り付けたりしなければ報道されませんが、突然、電車の中で知らない人に殴りかかったり、家族や友達に暴力をふるったりすることは日常茶飯事で、社会に与える迷惑ははかりしれません。

一生ドラッグ費用を賄えて、家から一歩も出ないという大金持ちのお坊ちゃんお嬢ちゃんなら勝手にラリってのたれ死ぬのは自由かもしれませんが。