◆ヤクザはカネが使えない◆

「ベントレー盗られちったけど、
 泣き寝入りしかないんすよ」

 ―中堅幹部S

 

一握りのヤクザは信じられないくらいカネを持っています。もちろんほとんどが賭博や覚せい剤、詐欺など犯罪で稼いだカネで、表に出せないものです。

知り合いの中堅幹部Sは組織内での格付けこそそこまでないものの、とにかくカネ稼ぎがうまく、うなるほどカネを持っています。一着何十万もする高級スーツで毎晩、有名な焼き肉店やすし屋をはしごして、高級クラブやキャバクラのVIP席に座り、目の覚めるような美人の愛人と高級ホテルで夜を過ごします。

Sは銀座や六本木の高級な寿司屋や鉄板焼き屋で「社長」と呼ばれ、芸能人とも顔見知りです(相手はSがヤクザだということは知らない)。若手のドラマ俳優と席が隣り合わせになれば「お兄さん最近、テレビでよく見るよね。きょうはオレがおごってやるよ」などとカッコつけて、気前よく何十万円も払います。セカンドバッグには100万円の束が2本も3本も入っていて「こんなもん1日で使っちまうぜ」と笑い、夜の街ではちょっとした有名人で羨望の的になったりします。



ある日、Sが六本木のコインパーキングに止めていたお気に入りの高級車=ベントレーが盗まれてしまいました。「警察に届ければいいじゃない。防犯カメラあるからすぐ見つかるよ」と言っても「できないんですよ」としたり顔です。

聞いてみれば、他人名義のベントレーに乗っていたのです。警察がまともに捜査に乗り出して防犯カメラを確認すれば、他人名義の車に乗っているのが分かり、車庫証明のウソや保険の問題が浮き上がり、たちまち詐欺で逮捕され自宅や組事務所まで捜索を受けます。場合によっては他の容疑まで根掘り葉掘り調べられてしまうかもしれません。住んでいる高級マンションも他人名義の賃貸、ホテルに泊まるときも宿帳に偽名を書いているとのこと。

「どんだけカネがあっても財産になるものは何も買えないんですよ。車ひとつだってまともに買えなくて本当に情けないすよ」

夜の街で見かける彼らは羽振りがよく、うらやましいと思うかもしれませんが、ヤクザはどこまでカネを稼いでも「消えモノ」にしか使えないのです。