天皇陛下の退位・即位と業界
暴力団ヤクザ右翼ことしは抗争禁止

「天皇陛下の御退位と御即位にケチがつくようなことやってみなよ。その組織はこの先一生、白い目で見られ続けると思うよ」

ー関東の2次団体幹部

 

暴力団ヤクザは表面上、「日本の伝統を大事にしよう」「お国のためになることをしよう」という右翼的な思想を持ち、どの組事務所にも中であれ外であれ日の丸を掲げています。

日本の伝統、神道の最高峰はもちろん天皇陛下

2019年 平成31年は現在の天皇陛下が生前退位され、新しい天皇陛下が即位され、新しい元号が生まれる年です。

ことしのヤクザ業界は

「そんな大事なおめでたい年にケチが付くようなことはするなよ、絶対するなよ(ダチョウ倶楽部的にでなく)」と非常にピリピリしています。

「発砲禁止」とか「トラック特攻禁止」とかいうよくわからない通達まで出ています。

そんな話をしながら発砲禁止の通達を見ていた組員が

「素手や刃物ならいいんかな」

よくないですよ。

 

暴力団ヤクザと神道

暴力団、ヤクザの基本は神道です。

ヤクザたちにとっての神道というのは宗教というより日々の過ごし方の基本みたいなもので、ハッシュタグ的には

#礼儀 #挨拶 #早起き #身だしなみ
#掃除
 #清潔 #整理整頓 #機微良く

みたいなものが並びます。

日々の生活で本当に神道を重んじた行動をとっているかは別として盃事、年末年始の義理事、葬儀などではこうした「かしこまった」緊張感を大切にします。

どこの事務所でも神棚は中心にドカンと特注のものが飾られています。組織によっては小さめのおみこしサイズのものを地元のヒノキだとかとかを使って作ったりしています。

神棚には水が置かれていますが、毎朝、当番の若い衆が取り換えています。

すごく信心深い団体は毎朝、ろうそくに火をともし、組員たちで手を合わせます。

大掃除で親分の写真の額のホコリを払い終わった若い衆が、気を利かせて天井近くにかけなおすのを見た若頭が

「コラ!いくら親分が偉いっても神棚より高いところに写真をかけるんじぇねえバカヤロー」

掃除が終われば、近くの神社をお参りしてお酒をお供えしてパチパチ。テキヤ文化とも密接なのでいろいろと複雑ではあるのですが。

 

義理事 盃事は神事

義理事には袴をはいて白足袋で出席します。

媒酌品の着物はまさに神職・神主そのものです。

どんなヤクザの義理事 盃事でも絶対ど真ん中に

「天照大神」

の「お習字」が貼ってあります。

最も大事な盃事では神様(≒天皇家)の前で「この人についていきます」とお約束をするということです。天照大神もそんな物騒なものの未届け人にされるとは不本意かもしれませんが神職姿の媒酌人は至ってまじめです。

とにかくヤクザは天皇陛下を崇拝しています。

 

2019年、平成31年はおめでたい年

そんな今生天皇陛下が御退位されて現皇太子さまが新しい天皇陛下にご在位なされる2019年平成31年。

残念ながらおそらく日本中の右翼、それも任侠団体直属の右翼が皇居や外苑に押しかけるでしょう。

そしてデス声で「おめでとうございます」と万歳三唱をするのだと思います。

帰り道にロシア大使館や中国大使館に「バカヤロー」とか罵声を浴びせるのもやめてそのままどこかのサービスエリアに街宣車を並べて酒盛りをするかもしれません。

 

衝撃の通達 

先日、このような通達が相次いで回ってきました。

いや、そもそも法律違反

という突っ込みはしまっておいて、何で年末に慌ててこんなものを回してくるのかといえば、ことしがありがたいお年だからです。

万が一にも御退位の邪魔になるようなことがあってはいけません。

神道ではケガレをとても忌み嫌うので、まさかこんなおめでたい年に同じ年にケンカだ発砲、まして死人が出たなんてなどは許されません。

天皇陛下のめでたい年にケチが付くようなことをした団体は2重の苦しみに巻き込まれることになります。

 

1.他団体からの非難、白眼視
みんなでことしは静かに天皇陛下の御退位を見守ろうとしているのに景気よくピストルなんか撃とうものなら「おめえんとこは天皇陛下の御退位の年になに音鳴らして(発砲して)んだ」と日本中の団体から大ひんしゅくを買います。

そしてそれは未来永劫、組の恥の歴史として語り継がれます。

 

2.警察から猛烈な捜査を受ける
全国の都道府県警には生前退位の年につき、日本中のヤクザの頭を押さえつけておけと警察庁から圧力がかかっています。また、単純に天皇制反対論者がテロをすることなども警戒しているので、普通の年より広い意味で「治安」にすごく敏感になっています。発砲事件やトラック特攻があって、犯人が捕まったとしてもその時点で「やられてしまった」のであり、警察にとっては大失敗になります。

まして都内なんかでやられたら、生前退位や即位の日に近かったりしたら猛烈な勢いでその組というか上部団体も含めて叩き潰しに来るでしょう。

発砲事件の犯人が出頭したとかそんなものでは済まなくて完全にその組織にロックオンして殲滅にかかってくると思います。

 

というわけでことしは割と平穏に過ごせるのかなと期待をしています。こんな特殊事情がなくても争いのないようになってほしいものですが。