暴力団ヤクザの世界と価値観
親分は一般人も尊敬している?

「ええコップにせなアカンで。あつうにしてな。親分が飲むやつやからええコップに入れてこい」

―民放番組が取材した番組より

 

以前、民放テレビ局がヤクザの事務所に密着した際に、ヤクザが近くの喫茶店にコーヒーを頼むシーンがありました。

事務所にいる組員が親分が飲むコーヒーを注文するシーンで親分が飲むコーヒーなんだから熱々にしろ、いいコップにしろと注文を付けます。

歌舞伎町や大阪のミナミでも同じような光景を見たことがあります。街中にドンと車が乗り付け若い衆が出てきて、道を歩く人に「すいません、親分が通りますんで」などと真顔で交通整理をしようとしてきます。

警察が総理大臣を警護するかのようで親分=偉い人という大前提が彼らにはあり、一般人も「あ、親分様だ」と思って道を空けると思っているのです。

 

ヤクザの社会では組長・親分は偉い人かもしれませんが一般社会の人たちにとっては別に誰でもありませんし、公の価値基準の中ではなんの役職でもありません。

それでもヤクザをしているとヤクザばかりに囲まれているので親分若頭は偉いももので、一般社会でも尊敬されるべきだと思っているのです。

 

ある時、カタギの関係者がいっぱいいる席でヤクザの舎弟分が「うちのアニキがなんと〇〇会の幹部に昇格するかもしれないんだ」と話し始めました。

みんなポカーンです。

舎弟は「今度、本部の親分と飲む機会があるから来たい人は特別に招待してやってもいいんだぜ」などともったいつけて続けました。

気を利かせた1人がすごいですねと言いましたが、飲み会に行きたいなどという人はいませんでした。

舎弟はみんなが行きたい行きたいと希望すると思っていたのに誰も手を挙げません。

少しイラっとして「お前ら、うちのアニキが幹部になるかもしれないんだぜ」と続けました。

ヤクザの世界に住む舎弟からすれば幹部の昇格はとんでもない出世であり、まして本部の親分様と酒が飲めるなんてとんでもないことなんだぞということなのですが、それは普通の世界では通じないことだったのです。

このようにヤクザは不良の世界の独特な価値観が支配するインナーサークルで生活しているので世の中とズレているのです。

ヤクザの出世はピラミッドで上り詰めて、最終的に組長や会長、総長を目指します。

ヤクザの世界は上層に上がれば上納金が集まり羽振りの良い暮らしができると思われていて、ヤクザは経済的な利益を目指して出世争いをしているとみられがちですが、実際はそうでもないように見えます。

学校の番長や暴走族の総長になりたいというのとあまり変わらないようです。

大きめの団体ではむしろヘタに出世すると義理事や定例会、組長の運転手などで自由な時間は少なくなる上に上納金はじめ出費も高くなります。

経済的な利益を考えたら程よい末端で組の笠を着て覚醒剤だの恐喝だのに精を出しているほうが効率的ですし、気楽です。

それでもムリをしてでも出世を目指すのはヤクザの世界の価値観に支配されているからです。