ヤクザ暴力団とは 届け先はない
クラブ活動サークル活動である

ヤクザ暴力団とは何なのか

実はヤクザ暴力団はどこにも組織・団体の届け出をしていません。警察文公安委員会に「解散」を伝えにいくことはあっても、「設立」を報告したことなどありません。会社法人でも政治団体でもありません。任意団体です。

任意団体というのは趣味のサークルやクラブと同じ扱いです。自分たちで勝手に団体を名乗って、気の合う仲間で集まって活動する団体です。

事務所を設け、当番制度や定例会を組んでいますが、それ自体で特に経済活動や政治活動をしているわけではありません。

結局ヤクザは何なのかといえば「不良」というざっくりとした共通項を持ち、「任侠道を究める」とか「男を磨く」というこれまた非常にあいまいな目標を掲げて集まっているサークルでしかありません。

草野球のチームと同じです。草野球チームは「品川ジャイアンツ」とか「八王子ドラゴンズ」などというチーム名やおそろいのユニフォームを持っているかもしれません。定期的に集まって練習をしたり、バーベキュー大会や忘年会をしたりします。

しかし、ただの趣味のサークル、クラブ活動なので役所や法務局にチームの届け出はしません。

チームには監督やキャプテン、コーチ、会計係、ピッチャー、キャッチャーなどの役職やポジションがあります。監督やキャプテンが代替わりしたりするかもしれません。

しかし、それもチームの連絡網や名簿を書き換えれば終わることです。監督が引退するときも居酒屋で引退式をやって新監督が抱負を述べるくらいでしょう。

暴力団ヤクザも同じです。組長、若頭、本部長などと役職を名乗っていますが、それも草野球チームの役職やポジションと同じく公に認識されたり登録が必要なものではありません。

大げさに襲名披露などをやっていますが、草野球チームの監督の代替わりと外形的には変わりません。

本部や有効組織に対して組の立ち上げや事務所の所在地、組員の構成や役職の届け出はしているかもしれまんが、それも内輪の話です。ヤクザ社会以外にはどこにも届け出ていません。

ヤクザは組長を親分と呼び、その人を慕って集まっているということになっているので、ファンクラブ的な要素もあるかもしれません。

六代目山口組を例にとると、司忍組長の全国的なァンクラブの集いととらえてもいいかもしれません。

 

警察に指定されているのでは?

指定暴力団・非指定暴力団もどこにも届け出を出していません。警察が暴力団、ヤクザの活動実態を捜査を進して結果、彼らを暴力団として認定し、一方的に行政的な指定をかけ公表しているだけです。

ヤクザに「あなたは暴力団ですよね」と問いかければそれはおかみが勝手に決めつけているのであって、本来自分は暴力団ではないと主張してきます。

 

解散

暴力団が解散するときは地元の警察署や警察本部に届け出を出すことがあります。

本来は「設立届」があっての「解散届」ですが、暴力団ヤクザの場合は設立届など出していないので、いきなり解散届を出してきます。

任意団体なので設立も解散もヤクザの思うがまま。

きょうから組を立ち上げたと宣言することもできますし、きょうで組を解散したと言われてもそれは自由自在です。警察は解散届を受けて指定を外したり名簿から抹消したりすることはしません。

解散届を出されたら「一応受け取っておく」などと言って受け取り、その後その組織が本当に活動を休止しているか組員たちの実態を調査します。

組長が田舎で農業を始めたり、組員がどこかの会社に就職したりして一般人のように働いているのを一定期間捜査、確認したうえで解散の判定をします。

警察白書などの統計では暴力団の威力を削いだことをアピールするために解散させたとか壊滅させたなどとカウントしていますがもともと任意の団体なので半永久的に彼らの動向を追いかけます。

最近は「1人親方」といって組員が親分1人しかいない組織も多いので、そんな組織の実態は事実上その人次第ということになります。