特集:通り魔という犯罪 1 無差別攻撃への対策 逃げる 戦う 武器 被害にあわないためには

通り魔が起きるたびに警察やマスコミは、通学路の安全や地域の見守り活動の大切さを訴えますが、ほとんど効果がないように感じます。 実際の事件の状況を見ると、それほど無防備だったわけではありません。 犯人は安全管理の一瞬のスキ…

さらに表示 特集:通り魔という犯罪 1 無差別攻撃への対策 逃げる 戦う 武器 被害にあわないためには

少年犯罪「昔はワルだった」⇒少年期型「昔からワルだった」⇒生涯犯罪者型 更生不可能な子供たち

10代から20代前半ごろまでの間に「非行」を行う少年・少女たちはいます。 親兄弟など家族や地元の学校からそういう文化を受け継ぐことが多く、暴走族やヤンキー的な文化です。 米国の心理学者スタンレー・ホールは青年期についてそ…

さらに表示 少年犯罪「昔はワルだった」⇒少年期型「昔からワルだった」⇒生涯犯罪者型 更生不可能な子供たち

ネットと犯罪 被害編
1001センイチ 迷惑メールの謎

インターネットの普及は社会の大きな仕組みを変えました。 デスクトップからノートパソコン、ノートパソコンからスマホに移行し、文字も画像も動画もテノヒラで四六時中見られるようになりました。 これまでには考えることができなかっ…

さらに表示 ネットと犯罪 被害編
1001センイチ 迷惑メールの謎

外国人マフィアは偏見かも
中国・アラブ人・黒人 人種差別

2000年代初頭に新宿の「思い出横丁」に中国人や東南アジア系のオーナーの店が増えた時期がありました。 地元の人たちは口々に彼らについて窃盗団をやって稼いだお金で店を出しているとか、そこを拠点に別の仕事をしているとか、店の…

さらに表示 外国人マフィアは偏見かも
中国・アラブ人・黒人 人種差別

暴力団ヤクザの抗争の実態
歌舞伎町拳銃発砲 メンツ

2019/1月歌舞伎町のど真ん中のカラオケ店で元暴力団員の男性が顔見知りの暴力団員に拳銃で撃たれました。男性は病院に運ばれましたが、亡くなりました。 最初、そもそも誰かわからなかったときにいろいろなうわさが飛び交いました…

さらに表示 暴力団ヤクザの抗争の実態
歌舞伎町拳銃発砲 メンツ

ヤクザと刑事映画・ドラマ・小説分析
「ストロベリーナイト」のリアリティ

最近のエンターテインメント作品の大半が広い意味で「事件モノ」であるような気がします。警察、暴力団ヤクザが主役であれ脇役であれ出てくる映画・ドラマ、小説のなんと多いことでしょうか。 昭和の時代のフィクションの世界では刑事は…

さらに表示 ヤクザと刑事映画・ドラマ・小説分析
「ストロベリーナイト」のリアリティ

◆ニュース観察◆逮捕の目的・意味
自殺防止・メディアスクラム

2018/12/28 宮城県内の高速道路で救急車がトラックに追突。 同乗していた患者の付き添いの女性が死亡、5人が重軽傷。 運転していた隊員は自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)の疑いで逮捕されたそうです。 &nbsp…

さらに表示 ◆ニュース観察◆逮捕の目的・意味
自殺防止・メディアスクラム

◆ニュース観察◆コンビニ土下座強要
突発事案で逮捕までするべき法律か

愛知県名古屋市のコンビニで釣銭をもらえないと勘違いした男性が店員に「土下座しろ。殺すぞ」と迫り、強要罪で逮捕される事件があったそうです。 男性は店員が小銭から渡して札を後で渡そうとしたことに対し、「なんで小銭しかよこさな…

さらに表示 ◆ニュース観察◆コンビニ土下座強要
突発事案で逮捕までするべき法律か

弁護士も知らない!職務質問の目的
薬物・窃盗・指名手配犯・家出人

「ちょっとお時間いいですか」 警察官からの突然のナンパ。 職務質問=職質=ショクシツ。 お問い合わせがあり、書かせていただきます。 たいていは夜に行われ、こん「ばん」はと声を「かけ」ることから業界では「バンカケ」とも呼ば…

さらに表示 弁護士も知らない!職務質問の目的
薬物・窃盗・指名手配犯・家出人